HOME | Artists | 本木ひかり Hikari Motoki
Hikari Motoki

本木 ひかり


本木ひかり作品

「陽炎」8S/2020年

本木ひかり作品

「覗く」SM/2020年

本木ひかり作品

「明けわたる」6M/2020年

本木ひかり作品

「変色」6M/2018年

1986年福岡県生まれ。2010年佐賀大学文化教育学部美術工芸課程西洋画専攻卒業。実在する形を手がかりに、自身の主観を通して見える「人の在る姿」を油彩画で描きだす。感情を内包したような筆致は、見る側に訴えかけてくるような作品となり、昨今の写実 画界で高い評価を得ている。現在、埼玉県にて制作。無所属。

略歴

 
1986 福岡県生まれ
2010 佐賀大学文化教育学部美術・工芸課程(西洋画専攻)卒業
 
〈個展〉
2014 「衝突と光」
    ギャラリーアートもりもと・銀座
2016 「見ているのはわたし」
    ギャラリーアートもりもと・銀座
2018 「光をおとす」
    ギャラリーアートもりもと・銀座
 
〈展覧会他〉
2012 Real(ギャラリーアートもりもと・銀座)~’14
2013 礎展(ギャラリーアートもりもと・銀座)~’18
    A DOMANI(佐賀県立美術館)~’14
2017 Origin(ギャラリーSuchi・茅場町)~’19
   ~現代作家が描く、つくる~吾輩の猫展(佐藤美術館・東京)
   永久翳(ギャラリーSuchi・茅場町)
2018 Winter Show(ギャラリーアートもりもと・銀座)
 2019 アートフェア東京2019(東京国際フォーラム・春風洞画廊ブース)
    Summer Show(ギャラリーアートもりもと・銀座)
2020 美の予感2020(日本橋髙島屋)
 
 その他グループ展多数
 
作品収蔵:鶴の来る町ミュージアム(鹿児島・出水)
 
 

出版物、メディア他

 
2013 『写実画のすごい世界Ⅱ』(実業之日本社)掲載
2014 『現代画家が描く美しい女性像』(綜合図書)掲載
2017 『息をのむ写実絵画の世界 美しき女性像』(日東書院)掲載
 

作品・作家についてのお問い合わせ